ブログ

コルポスコピー検査での痛みと対策

local_offer検査の痛みと対策

コルポスコピー検査って痛いの?


 

コルポスコピー検査に伴う痛みは人によって異なります。

多くの女性は、検査器具が膣内に挿入される際の圧迫感や、生検(組織サンプルを採取する際)の刺激により、一時的な痛みを感じる方もいますが、ほとんど痛みを感じない方もいらっしゃいます。

以上のように、痛みに関しては個人差が生じますがほとんどの方は気分不快などなく、検査が終わります。

 

ただし、痛みの程度は個人の痛みの感受性やリラックス状態によって変わることがあります。

内診台や検査による不安や緊張が痛みを増強させることがあるため、リラックスすることが大切です。

看護師による声掛けや、リラックスする呼吸法などで力を抜くことで、痛みが軽減することもあります。

 

全身麻酔や局所麻酔は使用せずに検査を行います。

痛みに敏感な方や心配な場合は、医師に相談して鎮痛剤(内服薬や坐剤)を使用することも可能です。

 

 

 

検査自体は通常、5分程度で完了し、検査後すぐに日常生活を送れます。

しかし、不快感や軽い出血は検査後数日間続くことがあります。

 

検査に対する不安や痛みについては、事前に医師にしっかり相談してから検査をすることが大切です。

 

コルポスコピー検査のページへ
LINE予約はこちらから
Web予約はこちらから

TOPへ