子宮頸がん検診

子宮頸がん検診でわかること

子宮頸がん検診は、子宮頸部の異常やがん細胞を早期に発見することができます。

子宮頸部の異常やがん細胞が早期に発見できれば、治療を早く始めることができるため、病変の進行を遅らせることが可能です。

そのため、定期的な子宮頸がん検診を勧めています。

子宮頸がんとは

「子宮頸部」は、子宮の出口にある、筒状の部分のことです。
子宮頸がんとは、ここにがんが生じるがん疾患です。

観察・検査しやすいがんですので、早めに見つかると治療がスムーズに進みやすくなるので、良い結果を得られやすくなります。
ただし悪化すると治療が困難になるので、早期発見に努めることが重要です。

子宮頸がんの発症リスクを高める要素としては、喫煙、そして性行為を介して感染するヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)の感染が挙げられます。

実際に、90%以上の子宮頚がんの患者様からHPVが見つけ出されたと報告されています。

子宮頸部異形成とは

子宮頸部異形成(CIN)は、子宮頸部にHPVが持続的に感染することで発症します。

子宮頸部の上皮に異形成が認められる段階です。
正常ではない細胞が発生・増殖するため、「子宮頸がんの前がん状態」とも呼べます。

子宮頸部異形成には

  • 軽度異形成(CIN1)
  • 中等度異形成(CIN2)
  • 高度異形成・上皮内がん(CIN3)

の3つの段階があります。

子宮頸部異形成

子宮頸がん検診の流れ

1問診

初潮を迎えた年齢、生理の期間やその状態、妊娠・出産経験や自覚症状があるかどうかなどをお伺いします。

2内診

腟鏡を使って子宮頸部をしっかり観察し、状態をチェックしていきます。

子宮の形・大きさ、状態、位置、炎症などがないかも確かめる可能性もあります。

3細胞診

次に、柔らかいブラシで使って子宮頸部の粘膜を優しく擦り、細胞を採取します。
採った細胞は顕微鏡で調べます。

子宮頸がんやその前がん病変の有無を検査します。

4結果説明

1週間後に検査の結果が出ます。
ご来院またはオンラインで医師より結果説明を行います。

子宮頸がん検診の注意事項

出血の可能性

採取する際、確率は低いのですが、出血を起こす可能性があります。
痛みはほとんど伴いませんので、ご安心ください。

生理中の検査

正しい結果を得るために、生理中の検査はできません。
生理日を避けてご受診をお願いいたします。

子宮頸がん検診の検査結果

扁平上皮系

  • NILM(エヌアイエルエム):陰性。異常なし
  • ASC-US(アスカス):軽度上皮内病変疑い
  • ASC-H(アスクハイ):上皮内病変疑い
  • LSIL(エルシル):軽度異形成の疑いあり
  • HSIL(ハイシル):中度から高度の異形成あり
  • SCC(エスシーシー):扁平上皮がんの可能性あり

腺細胞系

  • AGC(エイジーシー):異型腺細胞あり
  • AIS(エイアイエス):上皮内腺がんの可能性あり
  • Adeno-carcinoma(アデノカルチノーマ):浸潤をともなう腺がんがみられる
  • Other malig:他のがんがみられる

子宮がん検診で要精密検査

HPV検査

HPV(ヒトパピローマウイルス)には200種以上の遺伝子型が存在しています。

子宮頸がんを発症するタイプで多いのはHPV16型が半数を占め、次にHPV18型が20%程度を占めます。

この検査は後日内診台で検査をせず、最初に採取した検体に追加で検査することが可能です。
そのため、患者様の検査の負担が軽減できます。

HPV

コルポスコピー検査

コルポカメラコルポスコープ(拡大鏡)を用いた組織診(生検)を行う検査です。

腟の中に腟鏡を入れて、薬液(酢酸)で観察しやすい状態にしてから、コルポスコープを使って子宮頸部を観察していきます。

異形成があると疑われる部位は、色調が通常と比べて変化します。この部分から数mmの組織を採取します。

採取した組織は病理検査(顕微鏡を使った検査)に提出します。
2週間程度で結果が出るので、そのタイミングで確定診断をお知らせします。

検査にかかる時間は5分程度です。

コルポスコピー検査

HPVワクチンとの予防

予防接種の種類

サーバリックス

16型・18型の感染を予防する2価ワクチン

ガーダシル

16型・18型・6型・11型の感染を予防する4価ワクチン

シルガード9

16型・18型・6型・11型・31型・33型・45型・52型・58型の感染を予防する9価ワクチン

HPVワクチン

渋谷区の子宮がん検診

当院は渋谷区に所在しているため、渋谷区に住民票がある方で、適用の方は自己負担なしで検査が可能です。

※当院では2024年4月1日から可能です。

検査と治療にかかる費用の目安

内容 料金
初診料 890円
再診料 380円
子宮頸部細胞診(保険) 1,360円
渋谷区公費子宮がん検診 自己負担なし

関連ページ

 

TOPへ