子宮頸管ポリープ切除術のよくある質問

健康診断で子宮ポリープがあると言われました。
ここで治療はできますか?

子宮ポリープは子宮の入り口にできる子宮頸管ポリープと、子宮の中にできる子宮内膜ポリープがあります。
どちらにあるかご不明な方もいらっしゃるかと思います。
当院では両方の子宮ポリープの手術が可能です。
子宮内膜ポリープについてはこちらでご説明しています。

子宮頸管ポリープの症状はなんですか?

自覚症状がない方も多いのですが、不正出血が起こりやすくなります。
子宮頸管ポリープの組織はもろくて軟らかいため、性行為や激しいスポーツを行った後に不正出血を起こしたり、膿っぽいおりものが増加したり、血が混じったおりものが出たりすることもあります。
自覚症状のない方は健康診断で指摘されることが多いです。

子宮頸管ポリープ切除術の費用を教えてください。

保険診療の3割負担で約7,500円です。
他に初診料または再診料がかかります。

頸管ポリープの手術は当日にできますか?

ほとんどの方は当日にできます。
茎が太いポリープや出血を伴うポリープなどで、電気メスを使用する場合には後日行うこともあります。

子宮頸管ポリープの手術はどんな手術ですか?

子宮頸管ポリープの根元をペアン鉗子で持ち、捻じ切ります。
麻酔をかけなくても、施術中の痛みはほとんど伴いません、わずか数秒で切除が完了します。

切る時に痛みはありますか?

ほとんど痛みはありません。
切除は数秒で終わります。痛みに弱い方は局所麻酔を使用することもできます。

子宮頸管ポリープはどこにできますか?

子宮の入り口である子宮の頸管にできます。
子宮頸部の粘膜が過剰に形成された結果、子宮頸管の中に指のように突き出た腫瘍です。 

検査の結果はどのぐらいで出ますか?

2週間で検査結果が出ます。
2週間後ご来院していただき、ご説明します。オンラインでの結果説明も可能です。

麻酔は使用しますか?

基本的に麻酔は使用いたしません。
痛みに弱い方は局所麻酔を使用することもできます。

子宮頸管ポリープの大きさはどのぐらいですか?

ほとんどが2~5mmの大きさですが、1cmの大きさになる場合もあります。

予約なしでも受診できますか?

予約外での受診も可能ですが、お待たせしてしまう場合もございます。

子宮頸管ポリープの原因はなんですか?

発症する原因は解明されていません。
しかし女性ホルモンの影響や、細菌感染による炎症が原因ではないかと考えられています。

出血があります。子宮頸管ポリープ以外に考えられる疾患はありますか?

膣の炎症、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮膣部びらん、子宮頸がん、子宮体がんなど様々な疾患の可能性が考えられます。
超音波検査、子宮がん検査などの検査も当日行うことが可能ですので、まずは当院にご来院ください。

手術後の翌日は仕事に行ってもいいですか?

手術翌日の仕事は可能です。
もし出血が多いようであれば受診して相談して下さい。

子宮頸管ポリープが悪性の可能性はありますか?

子宮頸管ポリープのほとんどは良性ですが、ごく稀に悪性と診断されるケースもあります。
頸管ポリープを切除したうちの約0.1%に悪性のものが含まれていたという報告もあります。

茎が太い子宮頸管ポリープも切除できますか?

当院では茎が太いポリープも切除できます。
茎の太い子宮頸管ポリープは電気メスを使用して切除しますが、5~10分で完了します。
切除時に止血をするので、この場合も術後の出血は少量ですみます。

関連ページ

子宮頸管ポリープ

TOPへ