結果の読み方

どのような人がコルポスコピー検査をするのか

local_offer結果の読み方

がん検診の結果ってどう読むの?


 

 

健康診断や市町村で行っている子宮がん検診や、症状があり保険で検査を行った場合などの、細胞診の検査結果で精密検査が必要な方にコルポスコピー検査を行います。


保険で細胞診の検査を行った場合には、検査結果説明時に医師より詳しい説明を聞くことができます。
しかし、健康診断で行った場合では、結果用紙のコメントに「要精密検査」と書かれていますが、その前の結果の項目には、見たことがない英単語が記載されています。

 

そこで、その英語で表記されている内容を、読み仮名も含めて説明します。

 

【扁平上皮系】


●NILM(エヌアイエルエム):陰性。異常なし。
●ASC-US(アスカス):軽度上皮内病変疑い。
●ASC-H(アスクハイ):上皮内病変疑い。
●LSIL(エルシル):軽度異形成の疑いあり。
●HSIL(ハイシル):中度から高度の異形成あり。
●SCC(エスシーシー):扁平上皮がんの可能性あり。


【腺細胞系】


●AGC(エイジーシー):異型腺細胞あり。
●AIS(エイアイエス):上皮内腺がんの可能性あり。
●Adeno-carcinoma(アデノカルチノーマ):浸潤をともなう腺がんがみられる。
●Other malig:他のがんがみられる。

 

NILM 以外は病院でHPV検査やコルポスコピー検査といった精密検査が必要となります。

 

健康診断で再検査となった場合には、速やかに病院を受診しましょう。

 

コルポスコピー検査のページへ
LINE予約はこちらから
Web予約はこちらから

 

TOPへ